アメリカのエリア51に「ナルト走り」で侵入、ニュース報道も!その後どうなった?【動画アリ】

アメリカのエリア51に「ナルト走り」で侵入がヤバい!ニュース番組で報道も!【動画アリ】

アメリカのエリア51に「ナルト走り」で侵入した人物が話題になっています。

アメリカのニュース番組の中にも乱入した感じになっていて、超ウケる~!(笑)

ナルト走りをする動画、またその人たちがどうなったのかをご紹介します。

 

アメリカのエリア51に「ナルト走り」で侵入

 

アメリカのエリア51といえば、アメリカ軍機密の航空機のテストを古くから行っていたとされ、近年では、特にステルス機の試験飛行を行っていると考えられている場所。

そう・・・聞くだけで不安がよぎりますよね。

 

何らかの機密事項が基地内に存在することから、基地の敷地周辺の立ち入りはもちろん、撮影も一切禁止されています。

そこにイベントがフェイスブック(Facebook)上で企画された「宇宙人の存在を確かめよう」イベント。

当日参加者たちはエリア51エイリアンセンター(Area 51 Alien Center)という観光施設に集合し、共同でエリア51に立ち入るという計画でした。

 

ただ、アメリカ政府もそれに対策を打ち、これを無視して進み憲兵や衛兵に見つかった場合は不法侵入者として逮捕され、処罰の対象となるとして、徹底的に準備をしていました。

特に不審な場合は警告無しに発砲される場合もあるとか!

怖い~!!

 

イベントを主催したジャクソン・バーンズ(Jackson Barnes)さんは不適切な注意をひかないよう、責任の放棄をうたい、

「こんにちは米政府、これはジョークだ、実際にこの計画を行うつもりはない」

「面白いだろうと思っただけなんだけど、ネット上でちょっとした厄介ごとにも見舞われている」

といった投稿をしている。

 

主催者のいないところで話はどんと盛り上がってしまったってことですね。

「ナルト走りをすれば逃げられる」という発案から、みんながナルト走りをすればいいという結果になったようです。(笑)

さすがアメリカ人、ウケますね。

で・・・当日集まったナルト走りの人たちの動画はコチラ!

 

 

この動画が話題になっていたんですが・・・・

1人かと思ったら、もっといた。(笑)

 

 

結局どうなったかというと、エリア51急襲イベントがついに決行。

参加者は予想を大幅に下回ったがナルト走りは行われていました。(笑)

 

エリア51襲撃作戦が立案される

男性「ナルト走りで銃弾避けながら、エイリアンを見に行こうぜ!」とジョークで言う

100万人越えの人が参加表明出しちゃう

本当に実行される

 

実際に逮捕されたのはナルト走りとは関係のないオランダ人が2人だけ。

結局面白い雰囲気に包まれて終わったようです。(笑)

 

関連記事

→ラグビーワールドカップ2019で選手がタトゥーを隠す、その配慮って正解なの?

→マリオカートをスマホ楽しむ、ダウンロード後のアカウント登録方法

→マリオカートをスマホ楽しむ、ダウンロード後のアカウント登録方法

→カトパンの彼氏は三代目のNAOTOと判明!結婚の予定は?

→はあちゅう出産、AV男優しみけんとの子供「いじめられそう」の声に思うこと